漫画「道産子ギャルはなまらめんこい」全巻買ったらいくら?まとめ買いの最安値は?

道産子ギャルはなまらめんこい全巻いくら

「道産子ギャルはなまらめんこいを一気読みしたい‥!」
「全巻買ったらいくらする?最安値は?」

道産子ギャルはなまらめんこいの全巻をまとめ買いしたいとき、どこで買えばお得なのか?最安値はいくらなのか?といった点は、気になりますよね。結局どこで買おうがマンガの内容は同じですから、できるだけ安く・お買い得に買いたいものです。

そこでこの記事では、道産子ギャルはなまらめんこいの全巻はいくらするのかと最安値情報を調べてみました。できるだけ損せず買いたい人は以下の内容を参考にしてみて下さい。

目次

漫画「道産子ギャルはなまらめんこい」は何巻まで出てる?

道産子ギャルはなまらめんこい何巻まで

道産子ギャルはなまらめんこいは現在、全12巻まで発売されています。

現在も連載中で、次巻:13巻の発売日は今のところ未定です。

道産子ギャルはなまらめんこい全巻まとめ買いの【定価】は?

道産子ギャルはなまらめんこい全12巻の定価は、8,140円(税込)です。

巻数値段(税込)
1~8巻660円
9~12巻715円

道産子ギャルはなまらめんこいは巻数によって、660円~715円まで値段が違います。新しい巻数の方が値段が高くて、古いのだと安い傾向です。全12巻まとめ買いすると8,140円(税込)になります。

道産子ギャルはなまらめんこい全巻まとめ買いの【最安値】は?

道産子ギャルはなまらめんこいを全巻まとめ買いする場合の【最安値】を調べてみました!新品と中古で値段がぜんぜん違うので、別々にお伝えします。

※以下の掲載価格は、すべて調査時点での価格となります。

新品の最安値

新品の最安値は、全12巻:8,140円(税込)でした。この価格は上で紹介した定価とまるっきり一緒です。

新品の場合はどこで買おうが価格は一緒のようです。以下は、主要な漫画通販サイトで調べたときの値段です。

サイト全12巻値段(税込)
漫画全巻ドットコム8,140円
Amazon8,140円
楽天市場8,140円
Yahoo!ショッピング8,140円
アニメイト8,140円
ヨドバシカメラ8,140円
管理人

紙書籍新品の場合、値段はどこも一緒なので、好きなところで買えばいいと思います。

中古の最安値

中古で買う場合、調査時点では漫画全巻ドットコムの7,720円(税込)が最安値でした!

サイト全12巻値段(税込)
漫画全巻ドットコム7,720円
BOOKOFFオンライン品切れ
ネットオフ7,798円
駿河屋品切れ

漫画全巻ドットコムの7,720円(税込)だと、新品定価よりも約400円安く買えるので、中古に抵抗がない人には少しお得ですね。ただ、中古は早い者勝ちだったり、日焼けや折りなどの状態が悪いものもあったりします。

「中古本でも大丈夫」という人は上記の各リンクから飛んでみて、在庫状況を確認してみて下さい。

道産子ギャルはなまらめんこい全巻を格安で読む方法

道産子ギャルはなまらめんこい全巻を格安で読む方法

格安で読む方法は、道産子ギャルはなまらめんこいを紙書籍ではなく、電子書籍で買うことです。

道産子ギャルはなまらめんこいに限らずですが、紙書籍よりも電子書籍の方が、制作に時間とお金がかからないので、電子書籍の方が安いんですね。

以下は、道産子ギャルはなまらめんこい全12巻(新品)を【紙書籍 or 電子書籍】で買った場合の比較です。

デバイス全巻の定価(税込)
紙書籍8,140円
電子書籍7,732円

さらに・・!

電子書籍の場合、各サービスによって【初めての人限定の割引クーポン】が用意されている場合が多いので、もっとお得に読むことができます。

たとえば、電子書籍サービスの「ebookjapan」では、割引クーポンを使うと道産子ギャルはなまらめんこい全12巻が4,732円(税込)で読むことができます!

スクロールできます
電子書籍アプリ全巻値段(税込)対象クーポン
ebookjapan4,732円70%OFF
(6回使える)
DMMブックス5,732円90%OFF
(上限割引2,000円)
コミックシーモア7,257円70%OFF
(1冊まで)
ブックライブ7,457円50%OFF
(1冊まで)
Amebaマンガ7,732円50%還元
(100冊まで)
まんが王国7,732円10~50%OFF
(毎日2回)
楽天Kobo7,732円なし
Kindleマンガ7,732円なし
単行本(Amazon)8,140円なし
※調査時点で、対象クーポンを使い算出した値段です。
閲覧時の正確な値段は必ず各公式サイトでご確認下さい。

道産子ギャルはなまらめんこい全12巻は、単行本:8,140円ですが、ebookjapanなら4,732円なので3,408円安いです

\ はじめての人限定クーポン配布中! /

管理人

ebookjapanを含めた、より詳しい電子書籍サービスの比較については、以下のページをご覧ください。

道産子ギャルはなまらめんこいを全巻読んだ人の感想

30代女性

東京で暮らしていますと、色々な地方から来た人々と出会います。地方出身の方々と親しくなると、それぞれの文化を感じる事が有ります。私の北海道出身の友人たちは、裏表が無くておおらかで優しく明るいです。落ち込んでる時に話を聞いて頂くと安心できます。この漫画「道産子ギャルはなまらめんこい」には北海道言葉がたくさん使われています。

北海道出身の友人に聞いたら、「祖父母世代がよく使用する方言で懐かしい。だんだん消えつつあるが今でも北海道方言は残っている。」とおっしゃっていました。確かに私の北海道出身の友人達は東京では皆、共通語を話します。ところが先日旅行で北海道を訪れた時、「めんこい」という言葉を何度か聞きました。

主に年配の女性が小さな子供を褒めて言っていて「かわいい」という意味の言葉だそうです。「めんこい」と言われた子供はとても嬉しそうでした。北海道弁は暖かく親しみがあり、この「北海道ギャルはなまらめんこい」を読んでいるとホンワカした気分になります。

北海道の四季はそれぞれに美しいですね。東京では雪を見る機会は少ないですが、この漫画では雪のシーンが多く出てきます。雪は何となくロマンチックでこの漫画の青春ストーリーを魅力的にしている感じがしました。お薦めの漫画です。

他の人の感想を見る
30代女性

北海道で生まれ育った道産子の私が読むと、主人公が北海道弁で話すのが親しみやすくてかわいいです!文章に方言が使われると、誇張しているように感じますが、実際読み上げてみるとその通りかなと思います。また、作中や扉絵に北海道あるあるネタをたくさん盛り込んでいるところが面白いです!

短いスカート&生足で雪の中歩く姿、リアルな北海道のJKの姿が描かれています。登場人物の名前が季節を表す言葉でつけられているところが素敵だなと思います。恋愛漫画としては、まっすぐ王道のキラキラ恋愛ストーリーかと思いきや、紆余曲折があって意外性がありました。いろいろなキャラクターのヒロインが登場するので、この子とくっついてほしい!という思いが見る人によって違うと思います。

主人公は慣れない北海道の地でいろいろな人と出会い、都会じゃ経験できない思い出ができて、人として成長していくのが伝わりました。作画もとても魅力的で、女の子たちがなまらめんこいです!北海道の景色も素敵に描かれていて、もっといろいろな場所に漫画の中で行ってみてほしいな!と思います。北海道に住んでいる人から見るとリアルな漫画ですが、道外の方が読んだ感想も含めて見てみると、新鮮な発見があります。

40代男性

北海道北見市を舞台に東京から引っ越してきた男子高校生といわゆるギャルで道産子の女子高校生の交流を描くラブコメディ。なかなか面白い作品で、良かったですし、高校生どうしはかない恋愛模様は切ない感じもありますが30歳過ぎてこの漫画を見ると、自分の学生時代と比べてかなり違うなとか色々思うところがあるかもしれません。

学生の頃を思い出して見てみるとこれは面白いと見ていけるのかもしれないと思いますし、学園ものの漫画はこれ以外にもたくさんの種類の漫画がありますのでいくつか探してみてみると良いのではないかと思うところがあるわけです。高校生のころは今振り返ると一番良い時期ではないかと思いますし、タイムリープ系を、ネタにしている漫画でも、高校時代に戻ることが多く、高校時代、こういう青春が送りたかったかな、とかあると思います。

ミスミソウは中学が舞台ですがあれはホラー漫画雑誌で連載されていて内容もきついので、あの学校だったら戻りたくないと思うかもしれませんが、いろいろな学園ものの漫画などを見ていると戻りたいと感じてしまうような良い漫画が結構多いのではないでしょうか?

方言が、タイトルに付いている漫画ですが、このタイトルに方言がついている漫画も、私としては気にいっていていいと思います。お国の言葉を大事にしている感じがあって良いと思いました。

40代女性

東京から北海道の北見市に転校してきた主人公と、転校初日に合ったギャルの冬木さんとのほんわかラブコメです。要所要所にご当地コンビニや食材などの道産子あるあるがちりばめられ、北海道生まれまたは在住の方は、あるある、とうなづくポイントも多いかもしれません。北海道には住んだことがありませんが、あるあるポイントも楽しく読んでいます。

ストーリーは1話完結型で、肩ひじ張らずさっくり読めます。ギャルだからか、道産子ならではの距離感の詰め方と押しの強さなのか、冬木さんが主人公に初日からグイグイ接近します。やや展開が急すぎるかな、と思うのでほっこり温めていく系のラブコメを求めている人には向いていません。

とにかくふたりに早めにくっついてほしい、というジェットコースター系のラブコメを求めている人には向いているかもと思います。冬木さんがギャルであることもあり、北国にも関わらず露出の高い格好が高いです。

制服はミニスカで生足はまだしも、谷間まるだしなのはちょっとやり過ぎ感があります。お家で遊んだときの服装もちょっと狙いすぎ?冬木さんも巨乳気味のスタイルのため、しばしば胸を強調するカットや、ちょっとエロを狙い気味のカットも多めなので、ラッキースケベ好きな方は楽しめる漫画です。

20代男性

この漫画を読んでみて率直に感想を言うと、とても面白かったです。ヒロインの冬木美波の好きなところは、ものすごく可愛いしスタイルもいいところと、ちょっと抜けたところのある天然なところです。ギャルが「したっけ」や「なまら」などの方言を使っているギャップも魅力的です。

道産子ギャルがもう最高で最高で大好きになりました。自分は都会に住んでいるので、雪国の知らない知恵や事情は新鮮に感じました。一話からもう、可愛い!!うらやましい!!という展開も多々あり、自分も雪国に住んでみたいな、こんな展開起こらないかなという叶いもしない願望も湧きました。

黒髪清楚系ギャルや才色兼備なセンパイも自分にとってめちゃくちゃど性癖なキャラクターばかりが勢ぞろいしていて眼福でした。なので、この作品は自分のおすすめできる漫画の中で断トツで一位です。アニメ化して当然だと思っていたので、決定したときは嬉しかったです。

漫画のタッチやキャラクターの表現も美しくて、話の構成もきちんとドキドキワクワクがたくさんあり、読めば読むほど好きになれる、そんな作品でした。自分もこんな青春してみたかったと悔しくなりながらよく読んでます。おすすめなのでぜひ読んでみてください。

40代女性

ギャルと道産子のコラボレーション。これまでになかった。作者の方の出身が北海道ってことなのでしょうか。主人公は東京からやってきた男の子ですが、作者自身が今は上京して東京暮らししてるのかもしれませんね。北海道民ならばもっと楽しめるのにとちょっと残念ですが、他県の出身であってもニュアンスで分かる。

方言ってやっぱりいいな・あったかいなと思えました。道産子ギャルってかわいいですね。ギャルと言ってもいい感じに田舎ならではの素朴さも残っている。色白で美人さんが多いのは、北の方の地に住んでいるからこそでしょうか。性格もいいし、ちょっとした姿とかもすべて魅力的で。

アニメ化するみたいですが、動き回るとさらに魅力が増していくのではと思えました。出身地は関係ありませんね。東京からやってきたとあると、垢ぬけていてといったイメージがありますが実際の主人公はというと冴えないごく普通の高校生です。

一方で北海道の地で育った道産子ギャルの方が積極的だしカッコイイ。他の地域と変わらない高校生らしい青春を見せてくれながら、一方で北海道だからこそのものもあっておもしろく感じました。カツゲンとかセコマとか、元道民が見たら懐かしいんだろうな。

40代女性

道産子ギャルは、まさに北海道の魅力を象徴する存在です。彼女のなまりが魅力的で聞いているだけでどこかほっこりとした気分になりました。地元らしい言葉遣いは彼女のルーツへの誇りと深い結びつきを感じさせ笑顔はまるで北海道の晴れた空のように明るく、そのポジティブなエネルギーは周りの空気まで明るくしてくれます。

彼女のファッションセンスも独特で魅力的なのです。地元の特産品やシンボルを取り入れたスタイリングは観光地のお土産屋さんからインスパイアされたものかと思われるが、それが彼女のオリジナリティを引き立てています。北海道の四季折々の美しさを感じさせるようなコーディネートは、まさになまらめんこいと言えます。

彼女の性格は元気で明るく周囲を活気づける存在です。どんな瞬間でもポジティブなエネルギーを発散し一緒にいるだけで心地よさを感じます。地元の話や伝統に対する愛情も強く、そこには地域社会への深い愛着と繋がりが感じられます。

総じて、道産子ギャルは北海道の魅力を余すことなく表現した存在で彼女と触れ合うことで北海道の美しい自然や温かい人々への愛情が深まり旅行者にとっても地元の人々にとっても、なまら素敵な時間となることだと思います。

40代男性

道産子ということで北海道が舞台ですが主人公の男子の四季くんは東京出身で寒がりで北海道の常識を今一つりかいしていなくて、ヒロインの道産子ギャルこと冬木さんですが寒い北海道で制服でミニスカというギャルの王道の服装をしています。冬木さんは真冬でもギャルスタイルを貫きとにかく明るくかわいい女の子です。

四季くんはどちらかというと格式高い家柄の出身のためまじめで少し根暗かなとう感じの訳あり男子です。そんな四季くんを冬木さんは明るく包んで導いていくようなお話ですが、とにかく冬木さんの明るさとビュアな恋ごころがキュンキュンします。

キャラクターデザインの問題になりますが冬木さんは金髪でミニスカで巨乳ギャルのため、ビッチなのかなと思ってしまいますが、意外や意外清楚で奥手なのが好印象です。

最近のギャル漫画として清楚女子が意外とビッチで白ギャルが実は清楚で陰キャをかまってくれるという作品が王道になっているというがその流れを作ったのが本作だと思っているので、冬木さんのかわいさをいかに堪能するかというのが本作の一番の良いところと思います。

ギャル系だと嫌なクラスメートが出てくる作品が多いのですが本作はクラスメートがいい人ばかりというのも安心しても読める作品です。

50代男性

美波ちゃんがともかく可愛すぎるので、第1話読んだだけで惚れました。これが本当の”タイトルに偽りなし”です。 そしてそしてただ可愛いだけではなく、性格もめちゃくちゃ良くてしかも巨乳でスタイル抜群なんですから、もう完璧と言っても過言ではありません。

そんな彼女が恋心を抱く翼くんも彼女に負けず劣らずの好青年なので、この2人がカップルになればもう敵無し無双状態が出来上がりますね。 ちなみにこの2人がくっつきそうで、なかなかくっつかないという話の流れもじれったいやら楽しいやらでついついページをめくるスピードが速くなってしまうというのも魅力です。

沙友理ちゃんを入れた三角関係が、ちゃんと友達枠を守りつつ進んでいくのもグッド!多分翼くんが選ぶのは美波ちゃんなんだろうと察しがついていたとしても時々起こるドキドキのシチュエーションがあるとやっぱり興奮させられます。翼くんのおばあちゃんや美波ちゃんのお母さん、そして沙友理ちゃんも全員良い人で、おかげで毎回読後にほっこりとした感情になります。

1年を通しての各イベント回がちゃんとあるというのはアルアルかもしれませんが、私にはむしろご褒美みたいなものでした。やはり舞台が北海道というだけあって、冬のエピソードが多いと感じますけど…。でも冬大嫌いだった自分がこの漫画のおかげで冬もいいな?という感情を持つことができました!

まとめ

最後にここまでの内容をまとめます。

  • 道産子ギャルはなまらめんこい全12巻の定価は、8,140円(税込)。
  • 新品の最安値は、定価と同じ8,140円(税込)。
  • 一方、中古の場合は漫画全巻ドットコムの7,720円(税込)が最安値。
  • 紙書籍のこだわりがなければ、電子書籍で買うのもおすすめ。
  • 電子書籍ならebookjapanで買える4,732円(税込)が最安値。

※調査時点で、対象クーポンを使い算出した値段です。閲覧時の正確な値段は必ず各公式サイトでご確認下さい。

ちなみに道産子ギャルはなまらめんこい4冊まで無料で読む方法もあります。詳細は、こちらのページをご参考下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次