漫画「ザ・ファブル」全巻買ったらいくら?まとめ買いの最安値は?

ザ・ファブル全巻いくら

「ザ・ファブルを一気読みしたい‥!」
「全巻買ったらいくらする?最安値は?」

ザ・ファブルの全巻をまとめ買いしたいとき、どこで買えばお得なのか?最安値はいくらなのか?といった点は、気になりますよね。結局どこで買おうがマンガの内容は同じですから、できるだけ安く・お買い得に買いたいものです。

そこでこの記事では、ザ・ファブルの全巻はいくらするのかと最安値情報を調べてみました。できるだけ損せず買いたい人は以下の内容を参考にしてみて下さい。

目次

ザ・ファブル全巻まとめ買いの【定価】は?

ザ・ファブル全22巻の定価は、16,610円(税込)です。

巻数値段(税込)
1~21巻759円
22巻792円

ザ・ファブルは1~21巻までは、759円。最終刊の22巻は、792円となっています。全22巻まとめ買いすると16,610円(税込)になります。

ザ・ファブル全巻まとめ買いの【最安値】は?

ザ・ファブルを全巻まとめ買いする場合の【最安値】を調べてみました!新品と中古で値段がぜんぜん違うので、別々にお伝えします。

※以下の掲載価格は、すべて調査時点での価格となります。

新品の最安値

新品の最安値は、全22巻:16,610円(税込)でした。この価格は上で紹介した定価とまるっきり一緒です。

新品の場合はどこで買おうが価格は一緒のようです。以下は、主要な漫画通販サイトで調べたときの値段です。

サイト全22巻値段(税込)
漫画全巻ドットコム16,610円
Amazon16,610円
楽天市場16,610円
Yahoo!ショッピング16,610円
アニメイト16,610円
ヨドバシカメラ16,610円

※上記はすべて調査時点での価格(内容)です。閲覧時点での正しい価格(内容)は、必ずご自身で各公式サイトにてお確かめ下さい。

管理人

紙書籍新品の場合、値段はどこも一緒なので、好きなところで買えばいいと思います。

中古の最安値

中古で買う場合、調査時点ではネットオフの14,998円(税込)が最安値でした!

サイト全22巻値段(税込)
漫画全巻ドットコム15,750円
BOOKOFFオンライン15,631円
ネットオフ14,998円
駿河屋品切れ

※上記はすべて調査時点での価格(内容)です。閲覧時点での正しい価格(内容)は、必ずご自身で各公式サイトにてお確かめ下さい。

ネットオフの14,998円(税込)は、新品定価より約1,500円安いですね。ただ、中古は早い者勝ちだったり、日焼けや折りなどの状態が悪いものもあったりします。

「中古本でも大丈夫」という人は上記の各リンクから飛んでみて、在庫状況を確認してみて下さい。

ザ・ファブル全巻を格安で読む方法

ザ・ファブル全巻を格安で読む方法

格安で読む方法は、ザ・ファブルを紙書籍ではなく、割引クーポンが用意されている電子書籍サービス】で買うことです。

電子書籍サービスでは、『初めての人限定の割引クーポン』が用意されている場合が多いので、お得に読むことができます。

特にサイバーエージェントが運営する電子書籍サービス「Amebaマンガ」なら、ザ・ファブル全22巻が40%OFFの9,966円(税込)で読むことができます!

スクロールできます
公式サイト全巻値段(税込)対象クーポン
Amebaマンガ9,966円40%OFF
(100冊まで)
ebookjapan13,610円70%OFF
(6回まで)
DMMブックス14,610円90%OFF
(上限割引2,000円)
楽天kobo14,610円2,000円OFF
コミックシーモア16,034円70%OFF
(1冊まで)
まんが王国16,610円10~50%OFF
(毎日2回)
紙書籍(Amazon)16,610円なし

※上記はすべて調査時点での価格(内容)です。閲覧時点での正しい価格(内容)は、必ずご自身で各公式サイトにてお確かめ下さい。

管理人

「紙の本じゃなくていい」と思っている人は、【Amebaマンガ】をはじめとする電子書籍サービスで読んでみてはいかがでしょうか?以下が参考になります。

ザ・ファブルを全巻読んだ人の感想

30代男性

ザ・ファブルはとにかくアクションがカッコイイ漫画です。アクション漫画好きとしてはこの漫画に出会えてよかったと思って居ます。闇の仕事をしていた主人公が一般人の生活に馴染む努力をしていくシーンが所々あるのですが、そこがシリアスな漫画の中にあるスパイス的な感じで笑えるシーンがさらに楽しめます。

すごい難しい事や困難を主人公はサラっとこなしてしまい、顔はカッコ良くはないですがとても魅力を感じていきました。登場キャラクターも魅力的な人物が多く、個人的にはとあることがキッカケで主人公を慕うことになったクロがとてもお気に入りです。

主人公の真似をして無茶なことをしたり、なんでもない言動を真に受けたりとこちらも顔は良くないのですが人間味をとても感じる面白い人物です。とあることで主人公は日常で売っている物を工作し、武器や様々な道具を作らなければならなかったシーンは、映画を見ているようでとてもワクワクして一番好きな所でした。

他の人の感想を見る
50代女性

初めてファブルを読んだのは、某マンガサイトのポイント目当てでした。もともとこのジャンルにあまり興味がなかった上にアキラが男前じゃなかったので、本当に軽い気持ちで読み始めました。それが今では、最新話を課金して読むほどにハマっています。この分野特有のグロさエグさの間に時折ねじ込まれる登場人物の抜けた感じが絶妙で、読んでいてしんどさを感じないところがいいです。

その点においては、アキラがかっこよすぎないことも重要なのかも知れません。その中にあって、ボスの渋さと凄みは秀逸。頭(かしら)も悪くないんだけど、ボスの重みがすごい。今はファブルではなく一般人として生活しているアキラ達ですが、ボスのファンの私としてはまたどこかで登場してくれることを期待しています。

30代男性

ザ・ファブルはとにかくアクションがカッコイイ漫画です。アクション漫画好きとしてはこの漫画に出会えてよかったと思って居ます。闇の仕事をしていた主人公が一般人の生活に馴染む努力をしていくシーンが所々あるのですが、そこがシリアスな漫画の中にあるスパイス的な感じで笑えるシーンがさらに楽しめます。

すごい難しい事や困難を主人公はサラっとこなしてしまい、顔はカッコ良くはないですがとても魅力を感じていきました。登場キャラクターも魅力的な人物が多く、個人的にはとあることがキッカケで主人公を慕うことになったクロがとてもお気に入りです。

主人公の真似をして無茶なことをしたり、なんでもない言動を真に受けたりとこちらも顔は良くないのですが人間味をとても感じる面白い人物です。とあることで主人公は日常で売っている物を工作し、武器や様々な道具を作らなければならなかったシーンは、映画を見ているようでとてもワクワクして一番好きな所でした。

30代男性

大ヒットマンガナニワトモアレシリーズの南勝久先生による、ハードボイルドギャグマンガです。主人公は現代社会の最強ヒットマンなのですが、裏稼業以外にはとても疎く時折見せる破天荒さが面白く大阪の細かい描写、ヒットマンをしていたかのような細かい銃性能の描き方が好きです。

特に私はギャグ回がとても好きで印象に残る言葉がたくさん出てきていつも嫁の前で一人爆笑しながら読んでいます。キャラクター一人一人個性があり緊迫するシーン、時折挟んでくるクスっとさせる笑いもあり第一巻を読み終わるころにはきっと南先生のファンになること間違いなしです!また実写化もされており、原作と違いがありますが映画を見た方もきっと楽しめると思います。

40代男性

殺し屋というとどうしてもゴルゴ13のイメージが強くて、世界中を飛び回り冷静沈着にターゲットを仕留めるシーンが印象に残っていますが、ファブルはそんなゴルゴ13の殺し屋のイメージを払拭してくれて、新しい殺し屋像を作ってくれました。

本当は生粋の殺し屋だけど一般社会に溶け込んで大阪で平凡にひっそりと暮らすものの、いざという時には滅法強いというところが庶民的な読者の共感を呼ぶところだと思います。また、主人公の佐藤明が妹役の洋子とともにぎこちなくも兄弟として一般社会に溶け込もうとするところが、新鮮味があってほのぼのします。普通の暮らしと暴力団等の抗争時の活躍のギャップの差が読んでいて面白いアクション漫画です。

50代女性

もともと青年漫画に親しみはなかったのですが、ネット広告に頻繁に表示されていて興味があったので読んでみました。読み始めるとこれが実に面白い!絵柄がなじみのある少女漫画と違う劇画タッチ(?)で、書き込みが細かくてとても上手です。男性サブキャラの登場人物の顔が似ていてたまに間違う時もありますが、女性キャラはみんなとても可愛らしく描かれています。

内容に関しては、時おりクスリと笑ってしまうようなユニークさを交えながら、裏社会でプロとして生きていく主人公の生活が面白かったです。また普段の生活では知ることのない、裏社会の人物が社会の中で生きていくための仕事やつながり、仁義とか正義を知ることができました。まだまだ続きが読みたくなる漫画です。

50代男性

殺さない殺し屋”ファブル”と彼の仲間たち、そして彼を狙う裏社会の人間模様を描いた劇画調の漫画ですが、こちらは岡田准一さんが主演で映画化され、話題になりました。とはいえ、もともとの漫画作品の魅力が濃密であればこそのリアルなアクションやキャラクター・世界観の構築の深さにつながっているのです。

正体不明だけどとにかく強い…しかしカッコいいヒーロー像とはかけ離れた容貌と体形がまた魅力的で、とても良い。そんな彼と、パートナーのヨウコが組むととてつもない戦力となり、彼らが通ったあとにはぺんぺん草も生えないのではないかと思われるほどの焼け野原が見える…その圧巻の戦闘力の描写が爽快かつ痛快なのです。

また、小ネタ的に彼らが普段心がけている殺し屋のライフハック的な知識は、一般人は一生使わないかもしれないけれど、真似してみたくなる、そんなシーンが沢山あって面白いのです。

40代男性

この作品は凄腕の殺し屋が主人公なのですが、そのキャラクターがとても個性的で、今までに他の漫画では見たことがないような雰囲気のキャラクターです。人間味が完全に無いようで、実はとても優しい心を持っているような純粋さを感じることができ、その人間離れした殺し屋としての能力とのギャップが凄くてその世界観にハマって読んでしまいました。

裏社会の人間も多く登場するストーリーなので、残酷なシーンも多いのですが、それがリアル感を増しており、ストーリー展開も緊迫感があってとても面白いです。実写の映画化もされていますが、実写版も本作品の特徴が上手く演出されています。裏社会を描いた作品ですが、人間の核心のようなものを感じられる名作です。

まとめ

最後にここまでの内容をまとめます。

  • ザ・ファブル全22巻の定価は、16,610円(税込)。
  • 新品の最安値は、定価と同じ16,610円(税込)。
  • 一方、中古の場合ネットオフの14,998円(税込)が最安値。
  • 紙書籍のこだわりがなければ、電子書籍で買うのもおすすめ。
  • 電子書籍ならAmebaマンガで買える9,966円(税込)が最安値。

※上記はすべて調査時点での価格(内容)です。閲覧時点での正しい価格(内容)は、必ずご自身で各公式サイトにてお確かめ下さい。

ちなみにザ・ファブル4冊まで無料で読む方法もあります。詳細は、こちらのページをご参考下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次