漫画「ハンターハンター」全巻買ったらいくら?まとめ買いの最安値は?

HUNTER×HUNTER全巻いくら

「ハンターハンターを一気読みしたい‥!」
「全巻買ったらいくらする?最安値は?」

ハンターハンターの全巻をまとめ買いしたいとき、どこで買えばお得なのか?最安値はいくらなのか?といった点は、気になりますよね。結局どこで買おうがマンガの内容は同じですから、できるだけ安く・お買い得に買いたいものです。

そこでこの記事では、ハンターハンターの全巻はいくらするのかと最安値情報を調べてみました。できるだけ損せず買いたい人は以下の内容を参考にしてみて下さい。

目次

漫画「ハンターハンター」は何巻まで出てる?

HUNTER×HUNTER何巻まで

ハンターハンターは現在、全37巻まで発売されています。

現在も連載中で、次巻:38巻の発売日は今のところ未定です。

ハンターハンター全巻まとめ買いの【定価】は?

ハンターハンター全37巻の定価は、17,952円(税込)です。

巻数値段(税込)
1~36巻484円
37巻528円

1~36巻は1冊あたり484円、最新刊37巻は528円です。全37巻まとめ買いすると17,952円(税込)になります。

ハンターハンター全巻まとめ買いの【最安値】は?

ハンターハンターを全巻まとめ買いする場合の【最安値】を調べてみました!新品と中古で値段がぜんぜん違うので、別々にお伝えします。

※以下の掲載価格は、すべて調査時点での価格となります。

新品の最安値

新品の最安値は、全37巻:17,952円(税込)でした。この価格は上で紹介した定価とまるっきり一緒です。

新品の場合はどこで買おうが価格は一緒のようです。以下は、主要な漫画通販サイトで調べたときの値段です。

サイト全37巻値段(税込)
漫画全巻ドットコム17,952円
Amazon17,952円
楽天市場17,952円
Yahoo!ショッピング17,952円
アニメイト17,952円
ヨドバシカメラ17,952円
管理人

紙書籍新品の場合、値段はどこも一緒なので、好きなところで買えばいいと思います。

中古の最安値

中古で買う場合、調査時点ではネットオフの7,298円(税込)が最安値でした!

サイト全37巻値段(税込)
漫画全巻ドットコム12,460円
BOOKOFFオンライン9,075円
ネットオフ7,298円
駿河屋品切れ

ネットオフの7,298円(税込)だと、新品定価よりも約10,000円安く買えるので、中古に抵抗がない人にはお得ですね。ただ、中古は早い者勝ちだったり、日焼けや折りなどの状態が悪いものもあったりします。

「中古本でも大丈夫」という人は上記の各リンクから飛んでみて、在庫状況を確認してみて下さい。

ハンターハンター全巻を格安で読む方法

HUNTER×HUNTER全巻を格安で読む方法

格安で読む方法は、ハンターハンターを紙書籍ではなく、電子書籍で買うことです。

ハンターハンターに限らずですが、紙書籍よりも電子書籍の方が、制作に時間とお金がかからないので、電子書籍の方が安いんですね。

以下は、ハンターハンター全37巻(新品)を【紙書籍 or 電子書籍】で買った場合の比較です。

デバイス全巻の定価(税込)
紙書籍17,952円
電子書籍17,062円

さらに・・!

電子書籍の場合、各サービスによって【初めての人限定の割引クーポン】が用意されている場合が多いので、もっとお得に読むことができます。

たとえば、電子書籍サービスの「ebookjapan」では、割引クーポンを使うとハンターハンター全37巻が14,025円(税込)で読むことができます!

スクロールできます
電子書籍アプリ全巻値段(税込)対象クーポン
ebookjapan14,025円70%OFF
(6回使える)
DMMブックス15,025円90%OFF
(上限割引2,000円)
コミックシーモア16,719円70%OFF
(1冊まで)
ブックライブ16,919円50%OFF
(1冊まで)
Amebaマンガ17,025円50%還元
(100冊まで)
まんが王国17,025円10~50%OFF
(毎日2回)
楽天Kobo17,025円なし
Kindleマンガ17,025円なし
単行本(Amazon)17,952円なし
※調査時点で、対象クーポンを使い算出した値段です。
閲覧時の正確な値段は必ず各公式サイトでご確認下さい。

ハンターハンター全37巻は、単行本:17,952円ですが、ebookjapanなら14,025円なので3,927円安いです

\ はじめての人限定クーポン配布中! /

管理人

ebookjapanを含めた、より詳しい電子書籍サービスの比較については、以下のページをご覧ください。

ハンターハンターを全巻読んだ人の感想

30代女性

冨樫先生の大ファンです。主人公の成長、仲間との絆、ハラハラドキドキの白熱するバトルシーンなど王道の少年漫画です。緻密に計算された伏線や世界観、ギャグシーンとシリアスシーンの落差など、深みのある作品です。作中にハンター文字という独自の文字があるのですが、作中の何気ない一コマに書かれている文章を改めて解読すると、くすっと笑えるのでオススメです。

幅広い世代向けの漫画としては珍しく、グロテスクな描写や難解な設定等も多少ありますが、作品としての完成度の高さは目を見張るものがあります。敵味方、人間非人間関係なくすべての登場キャラクターが魅力に溢れています。少年漫画に限らず、わりと稚拙に愛や友情を語りたがるお涙頂戴な作品も多い中、ハンターハンターはセリフ無しの数コマで感動的なシーンが表現されていたり、何気ないたった一言に心情が込められていたりするので、何度心を揺さぶられたり分かりません。

美しい面だけでは無く、人間の悪意や私利私欲、憎悪を隠さず純粋に描かれているので、本当の正義や善悪とは何か、非常に考えさせられます。作者の都合で休載回数は多いですが、毎回新刊が発売されるのを楽しみにしている作品の一つです。

他の人の感想を見る
30代男性

主人公は才能があるが成長の過程が他の漫画に比べスムーズにいかない辺りがリアルで良い。また、主人公以外のキャラも設定がしっかりしており、主人公が出演しないストーリーもとても読み応えがある。バトルに関しても各章ごとに独自のルールであったり、通常のバトルではなかったりと、同じ漫画であるにも関わらずいろんな漫画を読んでいるような気になりとても興味深い内容となっている。

ストーリーの根幹は主人公が父親のようなハンターになることではあるが、あるキャラは一族の復習のため、あるキャラはお金のため等個性的なキャラの背景とメインストーリーが上手く展開されており、先の展開を考察するのも読んでいて面白いところである。いわゆる敵キャラもただ悪としてではなくなぜそのようなことをしているのかがストーリの展開とともにわかってきて、敵キャラにも人気があるのがこの作品の魅力の一つであると思う。

個人的には後半に向け展開が複雑化し読者離れに繋がりそうな部分を感じるが、何回も読むことで理解できるというところにこの作品の面白さを感じた。現在は休載しているがこの機会にまた1巻から読み直すことでまた新たな発見と、この先の考察に勤しむのも悪くはないと思う。近く連載が再開されるとの噂もあるので楽しみである。

20代女性

1人1人のキャラが濃く覚えやすいので、次の話数や巻数に間が空いても誰だっけ?と言うことがないので楽しく読むことが出来るので好きです。特に好きなキャラはヒソカで、キャラが濃すぎて出るたび次はどんなことしてくるのか想像がつかないので面白いです。またハンターハンターは戦闘シーンがすごくカッコいいので好きです。両面にドーンと戦っているところが書かれているシーンは特に迫力があるので好きです。

ハンターハンターの戦闘シーンは絵だけでもストーリーが楽しめるので二度楽しめます。絵だけで楽しんだ後に文字を読むとまた違った捉え方が出来るのがいいです。特に34巻はヒソカの戦闘シーンが多いのですが、何度みてもかっこいいし、やはり最初の時に比べるとかなり成長しているので面白いです。見た目は一見変わってないように見えて最初から最新刊まで比べると全員成長が見えて面白いです。特にクラピカとヒソカの成長はすごいので見所です。

体などが成長していると言うより、気持ちが成長していたり、考えが大人になったと感じることが出来るので面白いです。ゴンとキルアは最初かなり幼い印象があったので、昔はあんなことでケンカしてたのに今はないんだと寂しくなるところもありました。

40代男性

この漫画は王道のバトル漫画の雰囲気を持ちつつも、ハンターという特殊な職業とそれに関連する「念」という能力のバリエーション、個性的なキャラクター達と常に先が気になるストーリー展開が見事な作品です。ハンターという存在の設定が絶妙で、「念」という特殊能力のバリエーションで単なる力任せのバトルではなく、能力の特徴を生かしたバトルシーンやストーリー展開がとても面白いです。

そして、バトル要素だけでなく、人間社会の問題点や、人間の強さ弱さといった深い部分にも焦点が当たっており、作品が示してくれる展開の中で考えさせられる場面も多くあり、それがこの作品の魅力にも繋がっています。主人公はとても純粋である反面、どこか奥底に怖い部分も秘めており、人間の奥深さを上手に描いています。頭を使わないとすぐに理解できないような難しいストーリー展開もありますが、それが他の漫画にはない独特の展開でもあり、この漫画の良さを引き立てています。

常に先のストーリー展開が気になるように伏線も張られており、ほっこりするシーンもありますがシリアスなシーンも多くあり、漫画としてのバランスも素晴らしい作品です。大人から子供まで幅広い層におすすめできる名作です。

40代男性

ハンターハンターは登場するハンターたちや敵キャラクターのキャラが秀逸で一度読み始めると、なかなかページをめくる手が止まりません。登場当初はまだ子供の面影が残る主人公ゴンでしたが、様々な経験や闘いを通じて仲間たちと共に成長していく姿は、父のゴンフリークスならずともその将来を気にせずにはいられません。

本作の最大の魅力は、様々な登場キャラクターたちの個々の能力(念という名の能力)を武器にした激しい戦闘描写で、少年漫画とは思えないほどのグロいシーン満載の展開は、時には目をそむけたくなるほどの残酷なシーンが登場します。その反面、キャラクターたちの純粋で真っすぐな生き様や光り輝く独特の個性は、読み進めていくにしたがって感情移入させられます。

また、もし虫や動物が人間と同じ大きさだったとしたら、人にとってそれはどんなに脅威であるか?などの秀逸なストーリー設定も大変魅力的で、新しいキャラクターが登場するたびに、そのキャラがどのような念(という名の必殺技)を使うのか、想像するのが大変楽しみでもありました。そして、もう一つの魅力は、キャラクターの心理描写や戦闘における駆け引きです。激しい戦闘中に繰り広げられる、心理戦や騙し合いが実に巧みで、こちらまで騙されてしまう展開が続出するのも本作の魅力と言えます。

30代女性

THE王道のジャンプ漫画です。仲間と様々な困難に立ち向かいながら成長していく物語です。とにかくキャラクターそれぞれの個性が際立っている作品だと思います。最近も同じような内容の作品が多くありますが、キャラクターの見た目が似ていたり、バックグラウンドもどこかで見たことがあるようなものばかり。

それに比べて、ハンターハンターのキャラクターは、絵はもちろんのこと、それぞれ登場人物のコンセプトの違いが明確にわかるのも人気があるところだと思います。生まれながらハンターとしての素質は高いものの、最初は何も出来なかったゴンが、ハンター試験や天空闘技場での戦いなどで念能力技を覚えていき、ライバルのキルアと切磋琢磨しながらどんどん強くなっていくのも面白いです。

念能力も特性が様々あって、自分だったらどの系統の能力が欲しいかなと考えながら読むのも楽しいです。技の名前もシンプルで覚えやすく、物語も単純明快なストーリーなので、どの世代が読んでも楽しい漫画だと思います。単純明快ながらも常にハラハラドキドキさせられる、一度も飽きるタイミングが来ない漫画も珍しいと思います。まだ完結していないですが、これからの展開が楽しみです!

まとめ

最後にここまでの内容をまとめます。

  • ハンターハンター全37巻の定価は、17,952円(税込)。
  • 新品の最安値は、定価と同じ17,952円(税込)。
  • 一方、中古の場合はネットオフの7,298円(税込)が最安値。
  • 紙書籍のこだわりがなければ、電子書籍で買うのもおすすめ。
  • 電子書籍ならebookjapanで買える14,025円(税込)が最安値。

※調査時点で、対象クーポンを使い算出した値段です。閲覧時の正確な値段は必ず各公式サイトでご確認下さい。

ちなみにハンターハンター4冊まで無料で読む方法もあります。詳細は、こちらのページをご参考下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次