漫画「怪獣8号」全巻買ったらいくら?まとめ買いの最安値は?

怪獣8号全巻いくら

「怪獣8号を一気読みしたい‥!」
「全巻買ったらいくらする?最安値は?」

怪獣8号の全巻をまとめ買いしたいとき、どこで買えばお得なのか?最安値はいくらなのか?といった点は、気になりますよね。結局どこで買おうがマンガの内容は同じですから、できるだけ安く・お買い得に買いたいものです。

そこでこの記事では、怪獣8号の全巻はいくらするのかと最安値情報を調べてみました。できるだけ損せず買いたい人は以下の内容を参考にしてみて下さい。

目次

漫画「怪獣8号」は何巻まで出てる?

怪獣8号何巻まで

怪獣8号は現在、全11巻まで発売されています。

現在も連載中で、次巻:12巻の発売日は4月4日(を予定しています。

怪獣8号全巻まとめ買いの【定価】は?

怪獣8号全11巻の定価は、5,984円(税込)です。

巻数値段(税込)
1~7巻528円
8~11巻572円

怪獣8号は巻数によって、528円~572円まで値段が違います。新しい巻数の方が値段が高くて、古いのだと安い傾向です。全11巻まとめ買いすると5,984円(税込)になります。

怪獣8号全巻まとめ買いの【最安値】は?

怪獣8号を全巻まとめ買いする場合の【最安値】を調べてみました!新品と中古で値段がぜんぜん違うので、別々にお伝えします。

※以下の掲載価格は、すべて調査時点での価格となります。

新品の最安値

新品の最安値は、全11巻:5,984円(税込)でした。この価格は上で紹介した定価とまるっきり一緒です。

新品の場合はどこで買おうが価格は一緒のようです。以下は、主要な漫画通販サイトで調べたときの値段です。

サイト全11巻値段(税込)
漫画全巻ドットコム5,984円
Amazon5,984円
楽天市場5,984円
Yahoo!ショッピング5,984円
アニメイト5,984円
ヨドバシカメラ5,984円
管理人

紙書籍新品の場合、値段はどこも一緒なので、好きなところで買えばいいと思います。

中古の最安値

中古で買う場合、調査時点ではネットオフの2,798円(税込)が最安値でした!

サイト全11巻値段(税込)
漫画全巻ドットコム5,680円
BOOKOFFオンライン3,619円
ネットオフ2,798円
駿河屋品切れ

ネットオフの2,798円(税込)だと、新品定価よりも約3,000円安く買えるので、中古に抵抗がない人にはお得ですね。ただ、中古は早い者勝ちだったり、日焼けや折りなどの状態が悪いものもあったりします。

「中古本でも大丈夫」という人は上記の各リンクから飛んでみて、在庫状況を確認してみて下さい。

怪獣8号全巻を格安で読む方法

怪獣8号格安で読む方法

格安で読む方法は、怪獣8号を紙書籍ではなく、電子書籍で買うことです。

怪獣8号に限らずですが、紙書籍よりも電子書籍の方が、制作に時間とお金がかからないので、電子書籍の方が安いんですね。

以下は、怪獣8号全11巻(新品)を【紙書籍 or 電子書籍】で買った場合の比較です。

デバイス全巻の定価(税込)
紙書籍5,984円
電子書籍5,679円

さらに・・!

電子書籍の場合、各サービスによって【初めての人限定の割引クーポン】が用意されている場合が多いので、もっとお得に読むことができます。

特にヤフー株式会社の電子書籍サービス「ebookjapan」なら、70%OFFクーポン(6回分)を使えば2,799円(税込)で読むことができます!

スクロールできます
電子書籍アプリ全巻値段(税込)対象クーポン
ebookjapan2,799円70%OFF
(6回使える)
DMMブックス3,679円90%OFF
(上限割引2,000円)
コミックシーモア5,299円70%OFF
(1冊まで)
ブックライブ5,499円50%OFF
(1冊まで)
Amebaマンガ5,679円50%還元
(100冊まで)
まんが王国5,679円10~50%OFF
(毎日2回)
楽天Kobo5,679円なし
Kindleマンガ5,679円なし
単行本(Amazon)5,984円なし
※調査時点で、対象クーポンを使い算出した値段です。
閲覧時の正確な値段は必ず各公式サイトでご確認下さい。

怪獣8号全11巻は、単行本:5,984円ですが、ebookjapanなら2,799円なので約3,185円安いです。

会員登録特典のポイントやクーポンなどは、予告なく変更・終了する場合があるので、ご注意ください。

管理人

「紙の本じゃなくていい」と思っている人は、【ebookjapan】をはじめとする電子書籍サービスで読んでみてはいかがでしょうか?以下が参考になります。

怪獣8号を全巻読んだ人の感想

40代男性

ジャンプ漫画の王道、友情、努力、勝利を新しい形にとらえた漫画だなぁと思いました。主人公カフカが一度諦めた夢をもう一度追いかけてってのも日本人としては好きな話だし、その年齢が32歳ってのも、今の世の中に対して夢のある話だと思います。

大人が夢を追いかけるのを肯定してくれているように感じて、すごく読んでいて気持ちよかった。ただその夢を受け入れるのには自分の年齢ではと葛藤があったり、幼馴染との約束があったり、いろんな思いを突き破って、カフカは防衛隊に入れることになりますが、そこでは自分より若くて強い同期との絆、自分の中に宿ってしまった力、隊長副隊長との力の違い、さまざまなことと戦いながら、怪獣たちを倒すべく努力をしていく姿は、32歳もバカにできないな!と背中を押された印象でした。

同期の面々、隊長、副隊長のキャラクターも愛すべきもので、一つの目標に向かって、あるいは親を超えるために努力していく姿をしっかり見て、カフカはさらに強くなっていく感じも青春。大人だけど青春って感じで大人なのにジャンプの主人公を全うしているカフカは本当にすごいな!と思ってしまいます。ジャンプ+がで連載してるので毎週無料で最新話が見れるのも魅力ですね。

他の人の感想を見る
20代女性

怪獣の解体屋という設定が読み始めた当初は新しく、面白い設定であると感じていました。だんだんとバトル中心の展開となり、解体屋の設定が活かされていない部分もありますが、バトルものとしては王道の展開なので読みやすく面白いと思います。グロめの描写も少ないので、グロめな表現が苦手な方も読める作品であると感じます。

また、イラストの面において、勢いがある線が特徴的であると感じており、バトル描写の勢いが感じられる画風であると思います。キャラクターに関して、本編を読んでいくとそれぞれ成長が感じられる部分があるのですが、特に四ノ宮キコルちゃんの成長はとても大きく、漫画を読んでいて好きな部分だったので個人的に見どころであると感じています。

アニメ化が決まっている作品ですが、バトル描写が多いこともあり、ジャンプ作品らしく躍動感のある戦闘シーンが見れることを楽しみにしています。本作の敵である怪獣についてですが、怪獣8号というタイトルにもある通り作品の中で怪獣〇号というタイプの敵が何体か出現するのですが、まだ全部が登場しているわけではないので、今後どのようなビジュアルの怪獣が出てくるのか楽しみなところでもあります。

30代男性

さえないおっさんと言える年齢の若者があるとき、化け物と言えるような生物に選ばれたおかげで再度幼馴染とともに奮闘して人類に害をなす化け物を駆逐するというストーリーはわかりやすいと感じました。たくさん伏線がありまくるSF作品と比較して、次々と敵は出てくるけどその都度打倒していくというストーリー展開なので、意味が分からなくなるということが無いのが面白いと思えました。

SF系の作品って、伏線がいっぱい貼られていたり、事細かな設定があると急に矛盾することがあるんですが、今のところ物語は純粋な化け物との戦いな上、ややこしいという展開はなく、むしろ続きが見たいというような展開なので見せ方もうまいと思います。SF系の作品で嫌になるのは、展開の遅さ、わかりにくい設定があり、特に問題なのがだらだらと続く戦闘が私にとっては不要でした。

そして一番嫌なのが、だらだら続いたうえ、一瞬で葬り去るというキャラクターが出てくるなどパワーにインフレがありすぎると見る気が失われるので、急激なパワーアップについてはきっかけがある作品でないと漫画を読んでいる方は恐らく納得しないので、そうした部分でも納得させるだけのきっかけをしっかり描いているこの漫画は好意的にみることができ、続きが気になる作品だと思います。

50代男性

この作品は、怪獣に憧れる清掃員の主人公が、偶然にも怪獣の力を手に入れるというストーリーです。作品の魅力は、主人公の成長と葛藤、怪獣と人間の関係、そして迫力ある戦闘シーンにあります。主人公は、自分の夢を諦めていた平凡な人間から、勇敢で正義感の強いヒーローに変わっていきます。しかし、同時に自分が怪獣であることに苦悩し、人間としての心を失わないように努めます。

自分の夢を諦めかけていたところから、怪獣としての力と責任を背負うことになります。その過程で、自分の本当の願いや目標を見つけていく姿が感動的です。また、怪獣と人間の関係は、敵対だけではなく、共存や理解も描かれています。作品の中には、人間よりも怪獣に共感したり、怪獣になりたいと思ったりするキャラクターも登場します。

これは、現実の社会におけるマイノリティや異質な存在への対応を考えさせられるテーマです。そして、戦闘シーンは、圧倒的なスケール感と迫力で読者を引き込みます。怪獣同士の激しいぶつかり合いや、人間の兵器との攻防は、まさに目が離せません。作画も細かくて美しく、動きや表情がよく伝わります。漫画「怪獣8号」は、エンターテイメント性だけでなく、メッセージ性も高い作品です。読んで損はありません。

30代女性

絵のタッチが好みだったので興味が湧き読み始めました。ジャンプ漫画というだけあって、主人公の成長や仲間との友情、激しいアクションといった要素が盛り込まれている漫画で、ザ王道少年マンガだなと思いました。ほんのり恋愛?男女の微妙な関係も描いてあり、今後の人間関係の動きも気にな展開もあるので楽しみです。

また、天才タイプからおちゃらけタイプまでたくさんのキャラクターが登場していますが、どのキャラクターもきちんとキャラ立ちしていて役割がわかりやすいのもいいなと思います。戦闘シーンでは、同じ武器でも元となる怪獣によって武器のタイプや戦い方が全く違う所も戦闘シーンがワンパターンにならず見ていられる良い部分なのかなと思います。

個人的には刀タイプの武器とそれを使うキャラクターが好みです。最近の漫画の傾向として、1話ごとにネット配信されているようですが、なかなかネットで読むタイミングがなく、単行本を買って読んでいます。

単行本が出るタイミングは2から3ヶ月に1度の頻度で、週刊少年ジャンプと同じ程度の発刊スケジュールなのは1冊出るのを首を長くして待つ時間がそれほど長くないので嬉しいです。出来ることなら途中でプツンと切られるような終わり方にならないで欲しいなと思います。

20代男性

初めは何度か読んだことのある怪獣を倒すマンガだと思っていましたが、読めば読むほど面白い、次がどんどん見たくなるマンガでした。主人公は怪獣の死体を解体するただのおじさんでしたが、ある日を境に怪獣を倒す防衛隊の隊員になります。過去にした約束を胸にずっと憧れていた防衛隊に入って個性豊かな同僚達と訓練をしていくのが、それぞれのキャラがしっかりしていて見応えがあります。

私はキコルという主人公のカフカの同僚の女の子が最近の推しなのですが、この子はエリートの生まれではあるけども、親と比べられて辛い思いでその中で葛藤をします。怪獣を倒すために強くなるために努力をし続ける姿、カフカや他の同僚達との掛け合いが可愛らしくも何か苦しんでいる姿、それを乗り越えた時にさらに応援してあげたくなると思います。

怪獣8号の魅力は人間側だけではなく怪獣側にもあると思います。知能のある怪獣達も現れるのですがそこにも性格がさまざまな怪獣が出てきて、簡単に倒されるのではなく人間側との戦いの中での強さや人間の脅威となる能力がカッコよくてみていてハラハラドキドキする展開が多くありました。カフカが成長していく姿だけでなく、それと同時に仲間達の成長も多く見られるこの作品は他のマンガにはない良さがあると思いました。

20代男性

「怪獣8号」は、ジャンプ+で連載されている横槍メンゴ先生による新しいSFアクション漫画です。この作品は、怪獣が現れる世界で活躍する主人公・奥田猛の物語です。特務部隊に所属する彼は、ある事件をきっかけに、自身も怪獣の能力を手に入れてしまいます。

その能力を駆使しながら、彼は組織内の陰謀に立ち向かっていく様子が描かれています。この作品で印象的なのは、怪獣をテーマにした世界観の緻密さです。細かい設定が施されており、リアルな描写が非常に印象的でした。また、主人公の奥田猛は、非常に普通な青年であると同時に、行動力や決断力があるため、共感できるキャラクターだと感じました。

彼の成長も、物語の中で描かれているため、キャラクターの魅力が存分に引き出されていました。また、横槍先生の絵も非常に魅力的でした。キャラクターの表情や動きが、ストーリーを盛り上げていると感じました。

以上の事から、「怪獣8号」は、興味深く面白いSFアクション漫画であり、怪獣ファンやSFファンには特におすすめできる作品だと思います。物語の展開やキャラクターの魅力に引き込まれ、次回の話が待ち遠しくなる作品でした。読んで損はない漫画になっているのでぜひ読んでみて下さい。

30代男性

「怪獣8号」は、意外な展開や個性的なキャラクター、そして主人公の成長が見どころの一つだと思います。主人公である日比野カフカは、怪獣専門の清掃業者として働きながら怪獣の防衛隊員となることを志しています。カフカの成長は、物語の進展とともに描かれ、仲間や市民を守り、自己犠牲を厭わない姿勢がとても魅力的でその点は他の読者にも人気だと思います。

清掃業として働いていた知識を使い工夫していく様も面白いです。また、カフカの相棒、親友的な立ち位置である市川レノの成長が見えるのも物語の魅力の一つだと思います。市川レノは、暴走しがちなカフカとは異なる性格で、周りを冷静に見ることができ、カフカをフォロー、補佐することが多いですが、直情的かつ温厚な人柄のカフカに敬意を抱くようになっていきます。

そういった成長や過程が見えるのもこの物語の魅力だと思います。物語の展開についても、怪獣と人間とのやり取り、仲間との訓練、防衛隊内でのイザコザなど、読者を驚かせる意外な展開が多くあります。絵も特徴がありとても好きです。怪獣のデザインはもちろん、アクションシーンなどは迫力があって、怪獣の怖さや強さ、バトル展開が鮮明に見えるのが良いです。

30代男性

「怪獣8号」は、ジャンプ漫画で連載中の作品であり、人々が怪獣に変身する能力を持つ世界を舞台にした物語です。この作品は、魅力的なキャラクター、スリリングなストーリー展開、そして緻密な世界観で読者を魅了しています。主人公の田所浩介は、怪獣に変身する能力を持っていますが、彼は人々を守るために能力を隠しています。

彼の友人である亜島アキラも同様に怪獣に変身する能力を持っており、彼女は田所の秘密を知っています。彼らは、怪獣の脅威から人々を守るため、政府機関である「怪獣管理局」に加入し、様々なミッションに挑戦していきます。作品の魅力の一つは、登場人物たちが持つ個性的な能力や性格です。

それぞれのキャラクターが持つ能力は、ストーリーの展開に欠かせない要素であり、読者を引き込む力があります。また、彼らが抱える過去や心の葛藤など、深い人間ドラマも描かれており、登場人物たちの成長や変化が見られる点も魅力的です。さらに、作品の世界観も緻密に描かれており、怪獣管理局の組織や怪獣の種類など、細かい設定がなされています。

そのため、読者は作品の世界に没入し、ストーリーに引き込まれます。「怪獣8号」は、ジャンプ漫画の中でも非常に魅力的な作品の一つであり、多くのファンを獲得しています。ストーリーの展開やキャラクターたちの魅力に加え、丁寧に作り込まれた世界観も、作品を読み進める上での大きな魅力となっています。

まとめ

最後にここまでの内容をまとめます。

  • 怪獣8号全11巻の定価は、5,984円(税込)。
  • 新品の最安値は、定価と同じ5,984円(税込)。
  • 一方、中古の場合はネットオフの2,798円(税込)が最安値。
  • 紙書籍のこだわりがなければ、電子書籍で買うのもおすすめ。
  • 電子書籍ならebookjapanで買える2,799円(税込)が最安値。

※調査時点で、対象クーポンを使い算出した値段です。閲覧時の正確な値段は必ず各公式サイトでご確認下さい。

ちなみに怪獣8号4冊まで無料で読む方法もあります。詳細は、怪獣8号 電子書籍のページをご参考下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次