漫画「ワンピース」全巻買ったらいくら?まとめ買いの最安値は?

ワンピース全巻いくら

「ワンピースを一気読みしたい‥!」
「全巻買ったらいくらする?最安値は?」

ワンピースの全巻をまとめ買いしたいとき、どこで買えばお得なのか?最安値はいくらなのか?といった点は、気になりますよね。結局どこで買おうがマンガの内容は同じですから、できるだけ安く・お買い得に買いたいものです。

そこでこの記事では、ワンピースの全巻はいくらするのかと最安値情報を調べてみました。できるだけ損せず買いたい人は以下の内容を参考にしてみて下さい。

目次

漫画「ワンピース」は何巻まで出てる?

ワンピース何巻まで

ワンピースの単行本は現在、全107巻まで発売されています。

現在も連載中で、次巻108巻の発売日は2024年3月4日(月)を予定しています。

ワンピース全巻まとめ買いの【定価】は?

ワンピース全107巻の定価は、51,964円(税込)です。

巻数値段(税込)
1~103巻484円
104~107巻528円

ワンピースは1~103巻までは484円(税込)、104~107巻の3巻は528円(税込)で発売されています。

全107巻をまとめ買いすると51,964円(税込)になります。

ワンピース全巻まとめ買いの【最安値】は?

ワンピースを全巻まとめ買いする場合の【最安値】を調べてみました!新品と中古で値段がぜんぜん違うので、別々にお伝えします。

※以下の掲載価格は、すべて調査時点での価格となります。

新品の最安値

新品の最安値は、全107巻:51,964円(税込)でした。この価格は上で紹介した定価とまるっきり一緒です。

新品の場合はどこで買おうが価格は一緒のようです。以下は、主要な漫画通販サイトで調べたときの値段です。

サイト全107巻値段(税込)
漫画全巻ドットコム51,964円
Amazon51,964円
楽天市場51,964円
Yahoo!ショッピング51,964円
アニメイト51,964円
ヨドバシカメラ51,964円
管理人

まとめ買いで約27,000円お得に買う方法もあります。詳しくはこちらです。

中古の最安値

中古で買う場合、調査時点ではネットオフの15,998円(税込)が最安値でした。

サイト全107巻値段(税込)
漫画全巻ドットコム28,570円
BOOKOFFオンライン22,825円
ネットオフ15,998円
駿河屋品切れ

調査時点では、ネットオフの15,998円(税込)が最安値でした。新品全巻の定価は、51,964円(税込)なので約36,000円安いです。かなりお得ですね。

ちなみにあなたが閲覧している時点で、在庫切れになっていたり、日焼けや折りなどの状態が悪い本しかない場合もあるのでご注意ください。

気になる方は、お早めに上記のリンクから飛んで、在庫状況を確認してみて下さい。

ワンピース全巻を【中古以外で】格安で読む方法

ワンピース全巻を格安で読む方法

中古以外でワンピース全巻を格安で読む方法もあります。それは、ワンピースを電子書籍で買うことです。

ワンピースに限らずですが、紙書籍よりも電子書籍の方が、制作に時間とお金がかからないので、電子書籍は値段が安いです。

以下は、【紙書籍(新品) or 電子書籍】の値段の比較です。

デバイス1~107巻の定価(税込)
紙書籍(新品)51,964円
電子書籍49,281円

さらに・・!

電子書籍の場合、各サービスによって【初めての人限定の割引クーポン】が用意されている場合が多いので、もっとお得に読むことができます。

たとえば、電子書籍サービスの「ebookjapan」では、割引クーポンを使うとワンピース全107巻が46,281円(税込)で読むことができます!

スクロールできます
電子書籍アプリ全巻値段(税込)対象クーポン
ebookjapan46,281円70%OFF
(6回使える)
DMMブックス47,281円90%OFF
(上限割引2,000円)
コミックシーモア48,959円70%OFF
(1冊まで)
ブックライブ49,159円50%OFF
(1冊まで)
Amebaマンガ49,281円50%還元
(100冊まで)
まんが王国49,281円10~50%OFF
(毎日2回)
楽天Kobo49,281円なし
Kindleマンガ49,281円なし
単行本(Amazon)51,964円なし
※調査時点で、対象クーポンを使い算出した値段です。
閲覧時の正確な値段は必ず各公式サイトでご確認下さい。

ワンピース全107巻は、単行本:51,964円ですが、ebookjapanなら46,281円なので5,683円安いです

\ はじめての人限定クーポン配布中! /

管理人

ebookjapanを含めた、より詳しい電子書籍サービスの比較については、以下のページをご覧ください。

ワンピースを全巻読んだ人の感想

20代男性

ストーリーが簡潔で非常にわかりやすい。主人公が一つの大きな目標に向けて成長を遂げる王道ストーリーではあるが、海賊という現代の社会とは乖離している世界を舞台にしているところもとても新鮮で、目新しさもありすぐに引き込まれた。ストーリーはさることながら、登場するキャラクターも多種多様で魅力的なものが多い。

よくあるキャラクター人気でも、基本的に票を集めるのは主人公やその仲間、周りにいるキャラが多いイメージだが、本作品に関して言えば主要キャラのみならずサブキャラや敵キャラも多くランクインしており新しいストーリーも、過去のストーリーも何度でも楽しめる要素の一つだと感じる。そして何よりワンピースの最大の魅力だと感じる点は、伏線の多さだと思う。

伏線は多くの漫画に取り入れられており、物語を読み進めていく上で読者に対して楽しみや考察ポイントを与えてくれるものだが、ワンピースはその伏線の量も質も桁違いで、10年以上経過してから回収された伏線に出会った時は、驚きよりも感動が上回ってしまった。こういった考察ポイントが多く過去の話を何度も振り返ってみたくなる作品は少ないと思う。作者の尾田先生は、あと数年で物語は完結する、とおっしゃていたが、その中であとどのくらいの伏線回収が出てくるのか非常に楽しみにしている。

他の人の感想を見る
30代男性

ワンピースは、まず第一にストーリーがよく練られています。例えば、スパンの長い伏線回収というものが多数あります。ワンピースは連載開始から25年が経っていますが、この長期連載において、数年もしくは10年以上前に張られた伏線が回収されるなんていうことはよくあります。これは、著者・尾田栄一郎さんが、このワンピースの壮大な物語の根幹となる部分はあらかじめ練り上げられており、張った伏線を時間をかけて回収するということを意図的にやっているのだと思います。

これだけ長期に連載をしながら、これだけ練り上げられたストーリーを展開されていることに驚きを感じます。また、斬新な能力も、ワンピースの魅力です。少年漫画というと、色々な能力が登場しますが、ワンピースは、そのどれとも違う全く新しい能力を物語の中に登場させていて、それがバトルが行われる時に様々なバリエーションを生み出し、飽きさせません。最後に、作画面の魅力は、スケールの大きさ、爽快さにあります。

ワンピースでは、バトルで自分の体を使うもの、武器として刀を使うものなど様々いますが、巨大な敵を刀でぶった斬ったり、大技で倒したりするシーンは見ものです。総じて言えることですが、これだけ長期連載で人気を維持しているのは、素晴らしいと思います。まだ連載中ですので、今後の展開が楽しみです。

20代男性

面白いを超えました!ジャンルを超えた世界観!これほどまでに大人から子供までを虜にさせる漫画があるのかと思わせるほどの内容です!読み始めるとよくある冒険ものの漫画なのかな?と思っていました。すると、一つ一つにしっかりと題材となるエビソードがあり、読み進んでいくうちに「そうきたか!」と思わず声がもれてしまうワクワク感!

主人公であるルフィーには、海賊王になるという夢がありどこか自分も追いかけたくなるそう思わせくれる。最初は、ありきたりのどでかい夢だな。なんて思もいもしたけどルフィーというキャラクターにはどこか今までにはない「終わり方」「ラストシーン」を想像してしまう。これまで多くの漫画を読む機会がありましたが、これほどまで終わりがわからない漫画に出会ったことがない。それほどどんどん読みたくなる漫画。

主人公ルフィーも魅力あるキャラクターなのは言うまでもないが、もう一つ注目して読んでもらいたいのが「言葉」である。言葉に込められたメッセージがこのワンピースには非常に多く存在し、言葉にフォーカスをおくと、読み進めていく中で自分なりに妄想や予測などをすることができ、さらなる楽しみを感じることができる。次なる展開がまた楽しみだ!

20代男性

子供の時からみてるけど、とにかく感動するエピソードが多い。ルフィ・ゾロ・ウソップ・サンジ・チョッパー・ロビン・フランキーのそれぞれに幼少期辛い思いでがあったりして、それを見事なタイミングで回想するシーンが胸熱ですね。個人的に好きなシーンはチョッパーのやつ。ヒルルクとの想い出は本当に泣けるからぜひ読んでほしいです。

それに主人公級以外の描写も本当によく描かれていて、毎回いろんなところで知り合うサブな仲間たちのエピソードも本当によく丁寧に描かれていて感情移入してしまいますね。あと、バトルシーンも熱いです。仲間たちが次々とつよくなって、いろんな技覚えてくるからつよくなったこともわかりやすいし、個性的で魅力的な技が多いので、バトル漫画好きにもたまらない作品。

単に、ドラゴンボールみたいにバトル漫画だけを描き切っているだけでなく、感動するエピソードや笑えるエピソードがすごくおおいから女の子にもとっても人気がある。だから、長編でもあきないでここまで人気が出たと思います。普通だったら100巻も話かいたら飽きられてもおかしくないようとおもうんですが、この作品は別格です。完結が気になって目が離せません、楽しみです。

30代男性

主人公ルフィ率いる「麦藁の一味」と呼ばれる海賊達が伝説の秘宝「ワンピース」を求めて冒険を繰り広げる今や週刊少年ジャンプを代表する王道冒険漫画です。実に23年という歴史があり、ファンの中でも世代交代が起きてるんじゃないかっとも思える程愛され続ける作品です。

まず冒険ファンタジーものとしては師匠的な人物や兄との悲しい別離、敵にも味方にも信念を持つ人物が多く、多彩な群像劇が繰り広げられるあたりがジャンプ漫画らしさが詰め込まれている印象です(ストーリー的には初代ゴーイング・メリー号との別れが特に泣けた話でしたね)。

また、ジャンプ漫画らしい超能力系では「悪魔の実」を設定し、それを食べると様々な超常能力を発揮できる一方カナヅチになってしまうという弱点が面白く、カナヅチでも関係なく海賊を続けるギャップも逆境をバネにしている形で少年達にとっては励みになる要素だなっと思いました(作品自体は未読、未視聴でもゴムゴムの実はなんとなく聞いたことがあるという人も多いと思われますし)。

一方で、看板作品になりすぎて、終了させたらジャンプという雑誌に影響があってしまうため、明確な目標があるものの、完結に向かうことができないというメジャー作品ならではのジレンマは必然的に感じてしまいますね。

40代男性

この漫画の魅力は、主人公である麦わらのルフィ率いる麦わら海賊団が海賊でありながら割と弱者の味方となり、苦しめている海賊を討ち取ると言う爽快な話が多いところだと思います。

それと良く言われるのは最近の漫画では、割と多いと思いますが色々な場面で物語の伏線が張られていて、読者が色々な考察を楽しめる様に作られています。いよいよ物語も終盤に差し掛かっているとの事ですが、まだまだ伏線が回収されていない為、今後の展開に目が離せません。私自身ワンピースは連載当初よりのファンであり、今でも毎回楽しみにしています。

よく批判的な意見に話が長すぎるとか、展開が遅いとか言われていますが、確かに昨今のブームでは展開が速いものが好まれていますが、ワンピースはもうすでに20年以上続いていますので、その事は昔からのファンには気になりません。寧ろ終わってしまうのが寂しい気持ちになります。まだまだ続いてもらいたく、これからも楽しみにしたいとおもっております。

30代男性

海賊漫画ですが、人との絆や過去の苦しみを乗り越えていくエピソードに涙を流すことができます。ほぼ全てのエピソードに過去編があり、それぞれのキャラクターへの感情移入がしやすいように作られています。加えて、バトル漫画ですので戦いのシーンは、興奮できるものも多く楽しみながら読み進めることができます。

多くの必殺技や覚醒して強くなる展開などワクワクして、思わず真似をしたくなるほどです。考察する部分が多い漫画でもあり、あの時のエピソードがそれ以降のエピソードに繋がっていたりするので、何度も読み返していくことで理解を深めることができ、より楽しむことができます。

個性の強いキャラクターもいるので、飽きることなく、楽しみ続けることが可能ですが。

20代女性

個人的に、漫画の一番好きな点は、キャラクターたちの物語です。それはまるで史記の伝記のようです。他にも、伏線や、空島編のストーリーが黄金の鐘が鳴る瞬間に高まるような語り口など、技巧的な要素も魅力的です(このテクニックは、『SLAM DUNK』でも見られ、流川と横浜が感動的なパスを出す瞬間などが含まれます)。

主人公たちの物語、Dr. Hilulukの物語、大話王の物語、船大工トムの物語、ラブーンの物語、そして今のシャンクスの物語、どれも素晴らしく感動的です。さらに、黒ひげの物語は、多くの年月をかけての根気や機会主義者としての果敢さ、夢への渇望に驚かされます。

史記は、人生で最も重要で素晴らしい瞬間を選んで、わずかなスペースでそれを語るためのものであり、OPも同様です。だからこそ、多くの印象深いキャラクターが生まれるのでしょう。

30代男性

主人公のルフィが海賊王になるべく様々な島、海を航海して人々に出会い、その場所の悲惨なドラマを仲間たちと一緒に爽快に打開していくバトル漫画でした。漫画の中でギャグが散りばめられていて、クスっと出来るうえに悪魔の実の能力や超人的な技で繰り広げられるバトルはずっとワクワクさせてくれます。

キャラクターそれぞれに現在の状況に至るまでのドラマが緻密に考えられ描写されていて感動させられます。バトルや物語の爽快感を味わうだけでも楽しめるのですが、作中に伏線が大量に張られており違和感を覚えた部分が後々になって意味がはっきりしてくる事があり飽きさせません。初期の絵柄とハードボイルドなセリフ回しから現在の画面に詰め込んだ緻密さへの変化も楽しめるポイントです。

30代男性

漫画「ワンピース」の魅力は、大きく分けて以下の3つが挙げられます。

1つ目は、仲間との絆です。ルフィは、麦わらの一味と呼ばれる仲間たちと共に冒険をしています。仲間たちは、それぞれに異なる個性や能力を持っており、お互いを信頼し合いながら困難に立ち向かいます。そんな仲間たちの絆は、読者の心を強く打ちます。

2つ目は、壮大なスケールです。ワンピースの舞台は、海賊が支配する大海原です。ルフィたちは、さまざまな島を訪れ、さまざまな人々と出会い、さまざまな出来事に遭遇します。そんな冒険は、読者の想像力を刺激し、ワクワクさせてくれます。

3つ目は、伏線の回収です。ワンピースには、さまざまな伏線が張られています。私は、物語が進むにつれて伏線が回収されていく様が非常に好きです。それに気が付く度に非常に興奮し、ストーリーの構成に感動を覚えます。

40代女性

この海賊団に入りたい。読んでいくうちに、その気持ちはだんだん強くなります。彼らは、決して正義のヒーローになりたいわけではないんです。結果的に世界を救ったのかもしれませんが、彼らはただ心のままに、自由に生きているだけなのです。その楽しそうな表情を見ているだけで、こちらまでワクワクしてきます。

そして、多彩なキャラクターそれぞれの人間ドラマが毎回胸に迫ります。そして、人間の本性を見せてくれます。人間はこれほどまでに強く弱いのかという事を、様々なエピソードが教えてくれました。

海賊は決して正義の味方ではありません。ですが、麦わらの一味なら理由なく信じる事ができます。ページを捲る度に、彼らと一緒に冒険している気持ちになれます。

まとめ

最後にここまでの内容をまとめます。

  • ワンピース全107巻の定価は、51,964円(税込)。
  • 新品の最安値は、定価と同じ51,964円(税込)。
  • 一方、中古の場合はネットオフの15,998円(税込)が最安値。
  • 紙書籍のこだわりがなければ、電子書籍で買うのもおすすめ。
  • 電子書籍ならebookjapanで買える46,281円(税込)が最安値。

※調査時点で、対象クーポンを使い算出した値段です。閲覧時の正確な値段は必ず各公式サイトでご確認下さい。

ちなみにワンピース4冊まで無料で読む方法もあります。詳細は、ワンピース電子書籍のページをご参考下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次